PARTNERS

仲間一覧

PARTNERS

大平一枝 KAZUE ODAIRA

作家、エッセイスト。長野県生まれ。失われつつあるが失ってはいけないもの・こと・価値観をテーマに各誌紙に執筆。著書に『東京の台所』『男と女の台所『ジャンク・スタイル(平凡社)、『届かなかった手紙』(角川書店)、『紙さまの話』(誠文堂新光社)ほか。最新刊は『新米母は各駅停車でだんだん本物の母になっていく』(大和書房)。
「暮らしの柄」https://kurashi-no-gara.com

記事:令和・かぞくの肖像 (毎月1回・第1週目更新)

笠井爾示 CHIKASHI KASAI

写真家。1970年生まれ。東京都出身。1995年の初の個展『Tokyo Dance』を開催。以降、音楽、ファッション、カルチャー誌などエディトリアルの分野で活躍。これまで出版された作品集は『dance double』『波珠』『Karte』『東京の恋人』『トーキョーダイアリー』など。

記事:令和・かぞくの肖像 (毎月1回・第1週目更新)

松浦摩耶 MAYA MATSUURA

1993年生まれ。東京とコペンハーゲンを拠点に活動するフォトグラファー。ここ数年は、デンマークのテキスタイルアーティストのものづくりを追ったドキュメンタリーなど、映像制作にも取り組む。
Instagram:@mayanoue

記事:若者のすべて (毎月1回・第2週目更新)

HAL KUZUYA

写真家。Cinematographer。学生時代を海外で過ごし、写真の魅力に出会う。studioFobos/TISCH 氏のアシスタントを経て独立。広告、ポートレイト、ファッション、など広い分野で活躍。京都伝統産業を今に伝える仕事に携わったことを機に、物づくりをする人々の姿を捉え伝えることの尊さに気がつき、精力的に撮影している。
http://halkuzuya.com

記事:つくる人 (毎月1回・第3週目更新)

加藤孝司 TAKASHI KATO

デザインジャーナリスト/フォトグラファー。デザイン、ライフスタイル、アートなどを横断的に探求、執筆。デザインや写真にまつわる展示のディレクションも手がける。休日は愛猫ジャスパー(ブリティッシュショートヘアの男の子)とともに過ごすことを楽しみとしている。
http://form-design.jugem.jp

記事:猫と男 (毎月1回・第4週目更新)

ホンマタカシ TAKASHI HOMMA

写真家。近年の作品集に『TRAILS』、『THE NARCISSISTIC CITY』がある。2019年中に『Symphony その森の子供(仮)』『コルビュジエの窓(仮)』を刊行予定。現在、東京造形大学大学院 客員教授。

記事:東京と私 (毎月1回・4~5週目更新)

関 直子 NAOKO SEKI

東京育ち、東京在住。武蔵野美術大学卒業後、女性誌編集者を経てその後編集長を務める。現在は気になる建築やアート、展覧会などがあると国内外を問わず出かけることにしている。

記事:TOKYO BUCKET LIST. 都市の愉しみ方(毎月2回・不定期更新)

 alt=

おおかみ OOKAMI

作家。OIL MAGAZINE でデビュー。一般企業に勤める会社員でもある。

記事:星占い相談室「12人の優しい男たち」 (毎週水曜・土曜更新)

 alt=

Kotoka Izumi

イラストレーター。星占い相談室「12人の優しい男たち」のイラストを担当。
https://kotokaizumi.stores.jp
Instagram:@kotoka_izumi

記事:星占い相談室「12人の優しい男たち」 (毎週水曜・土曜更新)

 alt=

小林一毅 IKKI KOBAYASHI

1992年滋賀県彦根市生まれ。2015年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。資生堂クリエイティブ本部を経て19年独立。東京TDC賞、JAGDA新人賞、日本パッケージデザイン大賞銀賞、Pentawards Silver受賞。OIL MAGAZINE のロゴデザインを担当。

 alt=

BOLD CREATIVE

ウェブサイト、デジタルプロモーションの企画、制作、運営を手掛ける中目黒のプロダクション。OIL MAGAZINE のサイトデザイン・制作を担当。
https://www.boldcreative.co.jp

  • イメージエリア

  • テキストエリア

    CLASKA ONLINE SHOP

    暮らしに映えるアイテムを集めた
    ライフスタイルショップ

    CLASKA ONLINE SHOP