メイン画像

短期集中連載/第5回
堀井和子さん × CLASKA Gallery & Shop "DO"

色と遊ぶ大人の日常着 2021

一昨年の春にスタートした、堀井和子さんと「CLASKA Gallery & Shop “DO”」が共につくる大人の日常着「sept septième(セット・セッティエーム)」。
連載第2回から第6回にかけては、新作アイテムにまつわる堀井和子さんのショートエッセイを日替わりでお届けします。

#Essay 04.
「フランスでよく見かける濃いブルーのジャケット」

 最初は春夏に羽織る襟付カーディガンを考えました。
 生地サンプルを見ているうちに、襟付のタイプはニット素材ではなく、薄手のコットンジャージ素材がよさそうということに。
 色は、フランスでよく見かける濃いブルーを選びました。丸襟が付いていてきちんと見えますが、生地の風合い・薄さのおかげで着心地は軽快です。
 夏へ向けて、ノースリーブのワンピースや、Tシャツとコットンスカートの上に羽織って外出する時に。袖は少し折り返してラフに着ても……。

堀井和子

フランスでよく見かける濃いブルーの
コットンジャージージャケット

写真:本多康司
文・編集:落合真林子(OIL MAGAZINE / CLASKA)


前の回を見る <  > 次の回を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2021/05/20

  • イメージエリア

  • テキストエリア

    CLASKA ONLINE SHOP

    暮らしに映えるアイテムを集めた
    ライフスタイルショップ

    CLASKA ONLINE SHOP