メイン画像
令和・かぞくの肖像 これは、これまでの時代、これからの時代における「社会×家族」の物語。

サルボ家の場合 Vol.3
3人の親と、サプライズのバタークリームケーキ

東京で暮らす4組の家族を、定期的に取材。
さまざまな「かぞく」のかたちと、
それぞれの家族の成長と変化を見つめる。

写真:笠井爾示 文:大平一枝 編集:落合真林子(OIL MAGAZINE / CLASKA)

かぞくデータ
サルボ恭子さん(47歳・料理研究家)
サルボ・セルジュさん(夫・51歳・フランス語教師)
サルボ・ミカエルさん(長男・25歳・会社員)
サルボ・レイラさん(長女・23歳・準社員、塾講師アルバイト)

取材日
Vol.1 「家族だけど母じゃないという時間がもたらしたもの」/2019年11月
Vol.2 「人はすべてをわかりあえないと知っている人の強さ」/2020年5月
Vol.3 2020年10月

かぞくプロフィール
サルボ恭子さんはフランス語教師のセルジュさんと32歳で結婚。前妻の二子、ミカエルさん(当時小3)、レイラさん(小1)と家族に。18歳までは4人で、社会人になった現在は兄妹それぞれに自活。恭子さんは料理家12年目。’20年4月より実家の両親を呼び寄せ、二世帯住宅で暮らしはじめた。
Facebook:サルボ恭子 official
Instagram:@kyokosalbot


 今回は、恭子さんと長男長女に取材した。兄妹で暮らしているが、ミカエルさんには恋人ができ、3人で食卓を囲むことも増えた。
 ふたりは、コロナ禍で、高齢の両親と同居をはじめた恭子さん夫妻宅への来訪を控えている。

「一緒にいたときに、伝えたいことはすでに伝えているつもりなので。今は、彼らの生活をリスペクトしたいので、干渉していません」と恭子さん。
 3人だけで語り合うのはじつに数年ぶりだという。

 ミカエルさんはフランス留学から帰国後、モデルをしていたアパレル会社に入社。営業部で生地の見本市や海外との交渉などを担っている。
 レイラさんは、日本の大学卒業後、平日は食品会社の準社員を、週末は受験塾の英語講師を務める。
「前回の取材からの自分の変化はわからないんです。でも、子どもたちの成長ぶりには感動しています。大人になったなあと」(恭子さん)

 たった半年でも、私達にさえその変化はわかる。ミカエルさんは精悍に、笑顔にあどけなさが漂っていたレイラさんもすっかり女性らしい表情で言葉に落ち着きがある。
 逆にふたりの変わらないところは、誰に対しても素直で真摯なこと。一つひとつの質問に対して丁寧に言葉を紡ぎ、真摯に向き合う。

「7歳と9歳ではじめて会った時からずーっと素直。その印象が今も変わらない。それってすごいことだなと思うんです」(恭子さん)

 子どもたちは幼い頃から定期的に実母宅と恭子さん宅を行き来していた。フランスでは離婚しても共同親権があり、子どもの多くがそのように過ごす。
 つまり子どもたちには3人の親がいる。

「日本ではハーフと言われ、こちらで生まれ育っているのに、見た目が日本人に見えないために疎外感を受けることもたくさんあったでしょう。でも複雑であるはずなのに、親が3人いてもひねくれず、素直というのは尊いことだなと思いますね」(恭子さん)

 レイラさんの小学校の担任教師は、父親が再婚で彼女が実母宅と自宅をいったり来たりしているのをまったく知らなかった。恭子さんが個人面談に行き、はじめてその旨を伝えると目を丸くして驚いた。
「全然気が付きませんでした。なぜなら、レイラちゃんにはそういう雰囲気が一切ないから」

 ミカエルさんは小学校の帰り道、よく友達に聞かれた。
「今日、どっちの家?」
 どっちの家に遊びに行けばいい? という意味だ。
「で、友だちが言うんです。セルジュのところは行儀よくしないと怒られるけど、おいしいおやつが食べられるからそっちに行きたいなあって。恭子のおやつはみんなに人気でしたから」(ミカエルさん)

 フルーツミックスマリネ、バターケーキにクレープ。かんたんで子どもたちが喜ぶおやつを毎日手作りした。子どもであってもマナーは厳しく、が恭子さん流だ。

 レイラさんはこう振り返る。
「複雑ではあるけれど、だからといって誰にも言えないとか、悲しいとかはまったくなかった」

 素直とは、言葉にするのはかんたんだが、そう育てるのは実の親子でも簡単ではない。恭子さんは子育ての過程で、どんなことに気をつけていたんだろう?
「私はたいしたことはしていませんし、答えはないです。強いて言うなら、実母とセルジュと私。3人にとても愛されているから、では?」


ある夜の出来事

 兄が留学していた頃、レイラさんは実母と暮らしていた時期がある。だが、実母はパートナーと暮らすことになった。それと前後して帰国した兄と、今度はふたり暮らしに。前述の通り、兄には優しい恋人ができた。

 レイラさんにしょっちゅう会えなくても、フラジャイルに揺れる気持ちに静かに寄り添い、もっともよく理解しているのは恭子さんにみえた。

 取材中、恭子さんがひとりになったとき、こう漏らした。
「レイラは優しいから、私にも実母にも遠慮して言えないところがある。たぶんどちらにも仲良くしてほしいという思いが強いんですね。だから自分を抑えちゃう。それが手に取るようにわかるので、せつないです」

 まだ社会に出て1年。大人に見えても、上手にわがままを言って自分を開放するまでには、もう少し時間がかかるのだろう。

 去る9月、恭子さんの誕生日。
 21時半ころ、彼女がゴミ捨てのため外に出ると、暗闇の中、なにやら歌う集団がいる。え、なに? フランス語の『ハッピーバースデー』の歌がだんだん近づく。
 レイラさんとミカエルさんと、ふたりを幼い頃から知る恭子さんの友達の3人が、クスクス笑いながら手作りのホールケーキを持って隠れていた。

「バタークリームのケーキを皿にのせて落とさないよう手で持ってきました。ケーキにろうそくをつけようとしていたら恭子が出てきちゃった」(ミカエルさん)

 その日は、恭子さんは両親とセルジュさんの4人で、誕生日のディナーにでかけていた。いつもは食事後、コーヒーを楽しむのに、なぜかセルジュさんが断り、やけに「もう帰ろう」と急かしたらしい。

 こっそりセルジュさんも加担していた計画は大成功。
 子どもたちの力作ケーキは、恭子さんとミカエルさんら共通の友人宅で朝から生地とバタークリームを手づくりし、アプリコットのジャムを挟んでデコレーションしたという。
その日ミカエルさんは、竹かごもプレゼントした。
「その手法の網手は今はひとりしかいない貴重なものだそうです。彼からのこういう種類のプレゼントははじめてで、とても嬉しかった」(恭子さん)。

 サプライズでケーキを届ける粋な試みを思いついたのは、レイラさんである。

 かぞくは、ふだん「ありがとう」なんて言わない。まして離れて暮らしていればなおさら。
 けれどあふれるほどのありがとうが、バタークリームケーキには詰まっていたに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020/11/05

  • イメージエリア

  • テキストエリア

    CLASKA ONLINE SHOP

    暮らしに映えるアイテムを集めた
    ライフスタイルショップ

    CLASKA ONLINE SHOP